Expediting Development and Production of Customized Quality Control Gauge | INTAMSYS
Expediting Development and Production of Customized Quality Control Gauge 2019-02-20T12:16:59+00:00

導入事例

自動車 - カスタム品質管理計量器の製造

お客様: SAIC Yanfeng Co. Ltd.

業界: 自動車

応用: 品質管理計量器

マテリアル: PC

3Dプリンター: FUNMAT HT

SAIC Yanfengは中国に所在する自動車座席を作る会社です。この会社はSAIC通用自動車、SAICフォルクスワーゲン、Changanフォード、Changanmaマツダ、Dongfeng日産とJAC自動車の連携パートナーとして人気を博しています。 SAIC Yanfengの会社員は17,000以上、拠点は中国で52箇所あります。

計量器は自動車座席製造業界での製品品質管理標準化に不可欠です。計量器の設計品質は生産性と最終商品の品質に直接影響します。SAIC Yanfengの技術者は計量器で自動車座席のサイズと品質を点検します。一般的に、計量器のハイレベル標準化への要求と製品の少量で、計量器の開発または伝統的な製造工程での製作はコストが高いです。

SAIC YanfengはINTAMSYS FUNMAT HTという3Dプリンターで計量器のサイズ制御パーツ(ホワイト)を造形しました。工業レベルのPCという材料がこのパーツの造形に使用されました。

3Dプリンターを導入する前、SAIC Yanfengは機械工程と技術で制御パーツを計量器のベース構造に取り付けました。各パーツを計量器のベース構造に固定する際、底面の組み合わせは精確度が低いです。そのため、 このような製造工程はより時間がかかり、低い生産性に繋がってしまいます。

その一方で、3Dプリンターは制御パーツのユニボディを可能にしています。そのおかげで、計量器のサイズ要求に満たす高効率製造は実現されました。INTAMSYS FUNMAT HT 3Dプリンターは高い位置精度(X/Y:12.5μm Z:1.25μm)を有し、計量器パーツ造形の先進性もあり、 SAIC Yanfeng に選ばれました。

「SAIC YanfengはINTAMSYSを選ぶ理由は簡単です。制御パーツの寸法は 200.62mm x 102.66mm x 102.15mmで、INTAMSYSの3Dプランター技術でこれを造形する期間は二日のみです。. SAIC Yanfengは計量器の開発と製造にかかる時間の短縮に力を入れました。それで生産性は大幅に改善され、好転もよくなり、製造コストも減少しました。」SAIC Yanfengの計量器プロジェクトマネージャーは以上のように述べました。