Case Study | INTAMSYS

Case Study

2019.09.25

Case Study ①
導入
の背景
お客様は主に電磁波制御材の設計、テスト、分析、製造のハイテク企業です。特に電磁波制御材の新技術開発に力を入れています。
導入前
の問題点
今までは、マイクロ波を吸収するため設備の内層に吸収材料を塗っていました。しかし、従来の生産プロセスでは吸収材料は均一にカバーするのは難しくて吸収効果はいまいちでした。しかも、内層の増加で設備の重量も重くなります。
INTAMSYS社
による解決策
電磁波制御材を使って、パーツを3Dプリントします。マイクロ波の吸収材料は均等的分布しています。吸収の効果が高まっています。
Case Study ②
導入
の背景
お客様はクライアントに自動車に関する必要な技術とサービスとソリューションを提供する会社である。経営の方針は短時間で低コストな提案することです。関わる内容は主に自動車のハーネス、コネクタ、計器、配電箱、制御システム、センサー、ハイブリッド車、電気自動車製品などの面です。
導入前
の問題点
製品プロトタイプ設計検証では、従来の加工プロセスのサイクル時間が長く、少量生産のコストは高いです。製品の性能を高めるために、新しい材料、新しい方法と新しい製造プロセスと技術を絶えず模索しなければならないです。
INTAMSYS社による解決策
  • 製品の3Dモデルを作成すると、素早く印刷の実行可能性を検証できます。
  • 産業レベルの3Dプリンターは長時間の安定運転を維持し、量産をサポートします。
  • オープシステムは新しい材料の検証をサポートします。
  • 高温高性能の材料は自動車の信号を伝送の安定性をサポートします。
2019-09-26T15:19:46+00:00